第2回 有害廃棄物処理技術展 Hazardous Waste Control Technology Exhibition HAWTEC 2018

第7回 環境放射能対策・廃棄物処理国際展 - Environmental Radioactivity Measures & Radioactive waste Disposal International Exhibition - RADIEX 2018

同時開催 HAWTECシンポジウム

出展者プレゼンテーション

Concurrent Exhibitions RADIEX Forum

開催会期:2018年10月10日(水)~12日(金)

10:00~17:00

開催会場:科学技術館展示ホール(東京都千代田区北の丸公園2番1号)

主催:HAWTEC2018 事務局

〒160-0004

東京都新宿区四谷3-1-3

第1富澤ビル

(株)環境新聞社 事業部

TEL.03-3359-5349

FAX.03-3359-7250

お知らせ

2018年8月3日 出展者一覧を公開いたしました。
2018年3月14日 『HAWTEC 2018(有害廃棄物処理技術展)』ホームページをリニューアルしました。
2018年3月8日
次回開催のご案内
HAWTEC 2018は、10月10日(水)~12日(金)の3日間東京・科学技術館で開催します。詳しくは「HAWTEC 2018出展のご案内」をご覧下さい。
HAWTEC 2018出展のご案内 PDF (PDF: 2.0MB)
HAWTEC 2018出展申込書 PDF (PDF: 604KB)
2018年1月19日 RADIEX / HAWTEC 2017結果報告書を公開いたしました。

開催趣旨

 近年、PCBや水銀、有害重金属を含む廃棄物、アスベスト、医療廃棄物などの「有害廃棄物」については、健康影響と環境汚染を防止するため、その適正な管理と処理が一層求められるようになり、関連規制が強化されています。

 高濃度PCB廃棄物については、2016年8月に改正PCB特措法が施行され、保管する事業者に対して約束期限内の1年前までに中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)への処分委託が義務付けられました。全国5地域のうち、九州地域は2018年度内が処理期限で、掘り起こし調査などの対策が急務となっています。また、水銀廃棄物についても、水俣条約に基づき収集運搬や保管、最終処分の基準が追加されるなど、規制が強化されています。アスベストについては、総務省が2016年5月に、アスベストによる健康被害を防止する観点から、建築物の解体時等や災害時におけるアスベストの飛散・ばく露防止対策の実施状況等を調査し、必要な改善措置について勧告を出して、その対策を求めています。

 このように、有害廃棄物対策については、規制強化されていますが、それに伴って対策関連の市場も拡大しており、より適正で安全な処理、新たなビジネス手法などが開発され、国内はもとより、新興国・開発途上国への展開も期待されているところです。

 そこで環境新聞社では、有害廃棄物対策に関連する施策や研究、企業の取り組み、技術・製品、サービスなどを一堂に集めた「HAWTEC 2018(有害廃棄物処理技術展)」を昨年に続き開催することとしました。

 つきましては、本趣旨をお汲み取り頂き、本展示会へのご出展を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

開催概要

会 期:2018年10月10日(水)~12日(金)10:00~17:00

名  称 HAWTEC 2018(有害廃棄物処理技術展)
日  時 2018年10月10日(水)~12日(金)10:00~17:00
会  場 科学技術館展示ホール(東京都千代田区北の丸公園2番1号)
開催規模 100小間程度
主  催 環境新聞社
入 場 料 無 料
来場見込 10,000
後  援
  (申請予定)
環境省/経済産業省
特別協力
  (申請予定)
一般財団法人日本環境衛生センター/一般社団法人土壌環境センター/公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団/公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センター/公益社団法人全国産業廃棄物連合会/一般社団法人日本環境測定分析協会/中間貯蔵・環境安全事業株式会社
事 務 局 環境新聞社事業部
同時開催 RADIEX 2018(環境放射能対策・廃棄物処理国際展)

構成/出展対象

HAWTEC 2018 の構成/出展対象 - 高・低濃度P C B 廃棄物処理関連 - コンサル、分析、収集・運搬、処理、PCB汚染物除染技術、低濃度PCB廃棄物無害化処理技術、PCB対応資材 - 廃水銀・鉛関連 - 分析、収集・運搬、処理・処分、水銀リサイクル技術、流化固型化技術、鉛対応資材 - 廃アスベスト関連 - コンサル、調査・分析、施工技術、収集・運搬、処理・処分、アスベスト処理・飛散防止剤、廃アスベスト無害化技術 - 総合ゾーン - ダイオキシン類対策関連、感染廃棄物関連、廃油・廃酸・廃アルカリ等の特別管理廃棄物関連、POPs(残留性有機汚染物質)関連、関連分析器、サービス等 - 出展者プレゼンテーション - HAWTEC 2018 シンポジウム - 来場者 - 国・自治体 - 関係事業者 - 教育・研究機関

出展要項

出 展 料 金・小 間 形 状

スペース小間

1小間324,000円(税込)

※小間はスペース渡しとなり、隣接小間との間仕切りが設置されますが、電気工事や備品などは付属しておりません。

スペース小間の形状

間口芯々2970mm

奥行芯々1980mm

高  さ2400mm

※通路側のサイドパネルはつきません。

スペース小間の形状

スペース小間に含まれるもの

●展示小間使用料

●バックパネル・サイドパネル(独立小間は除く)

●出展者バッジ・作業員バッジ

●展示会ガイドへの掲載

●全体の企画・運営・基礎施工及び広報宣伝の費用

スペース小間に含まれないもの

●自社小間内の基礎装飾(パレペット含む)及び
搬入出に関する費用

●小間内電気・給排水・ガス・エアー供給工事費

●小間内電気・水道等使用料

●会場設備使用料及び紛失破損物品の弁償費

●自社出展物の保険料

パッケージ小間 (スペース小間+パッケージブース)

1小間388,800円(税込)

2小間750,600円(税込)

3小間1,112,400円(税込)

※上記金額は、スペース小間出展料金にパッケージブース料金をを足した金額です。スペース小間に、基本的な装飾や電気工事や備品をセットした小間となっております。

パッケージ小間の形状

間口芯々2970mm

奥行芯々1980mm

高  さ2400mm

パッケージ小間の形状

※角小間の場合、通路側サイドパネルは、パラペットと社名板となります。

パッケージ小間に含まれるもの
(「スペース小間に含まれるもの」に加えて)

●パラペット(3m/小間)

●社名板1枚(3小間は2枚)

●パンチカーペット(6m2/小間)

●受付カウンター(1台/W900×D450×H800mm)

●パイプ椅子(1脚)

●貴名受(1個)

●蛍光灯(1灯/小間)

●コンセント(1ヶ所/小間)

●一次電気幹線工事・電気使用料(1kw/100V)

申込締切 2018年6月29日(金)

申込方法

   申込用紙に必要事項を記入のうえ、「(株)環境新聞社 事業部」までご提出下さい。
出展案内パンフレットはこちら
申 込 書 提 出 先

(株)環境新聞社 事業部

〒160-0004

東京都新宿区四谷3-1-3

第1富澤ビル

TEL.03-3359-5349

FAX.03-3359-7250

出 展 小 間 料 振 込 先

株式会社環境新聞社 事業部

[口座名]

三菱UFJ銀行

四谷三丁目支店(店番340)

普通口座:3863890

※振込手数料は、ご出展者側でご負担下さい。

申込の保留・キャンセル

出展内容が本展の趣旨にそぐわない場合、主催者はその受付を保留・拒否することがあります。
出展小間料の支払いがない場合、主催者はその申込を取消すことがあります。
出展申込の取消・解約は原則としてできません。万一、申込者の都合により取消・解約する場合は下記の要領でキャンセル料をいただきます。
期    日 キャンセル料
申込日より2018年6月29日まで 出展小間料の 50%
7月1日より会期終了まで 出展小間料の100%

お申込み・お問合せ先

株式会社環境新聞社 事業部

〒160-0004

東京都新宿区四谷3-1-3

第1富澤ビル

TEL.03-3359-5349

FAX.03-3359-7250

E-mail:hawtec@kankyo-news.co.jp

URL:http://www.hawtec.jp/

会場案内

会  場科学技術館展示ホール
所在地東京都千代田区北の丸公園2番1号
電車でご来場の場合

地下鉄東西線/半蔵門線/都営新宿線「九段下駅」下車(2番・4番出口)より徒歩7分

地下鉄東西線「竹橋駅」下車(1b出口)より徒歩7分

会場地図 RADIEX2016(東京:科学技術館)

お申込み・お問合せ先

株式会社環境新聞社 事業部

〒160-0004 東京都新宿区四谷3-1-3 第1富澤ビル TEL.03-3359-5349 FAX.03-3359-7250

E-mail:hawtec@kankyo-news.co.jp

URL:http://www.hawtec.jp/

▲このページの先頭へ戻る